乳児湿疹の原因を知ってケアする|大事な赤ちゃんの肌を守ろう

購入とレンタル

赤ちゃん

ベビーカーは大きく分けて2つの型があり、高額の買い物になってしまうため、どちらを購入するかレンタルするかで悩んでしまいがちです。上手くレンタルと購入を使い分けることで、お得にベビーカーを利用することも可能になります。

More Detail

適切な肌ケアが必要

乳児

1ヶ月で肌の状態も変わる

赤ちゃんの肌は大人と比べて皮膚が薄く、バリア機能も弱くとてもデリケートです。生後2ヶ月までは皮脂の分泌量が多く、お風呂でのケアが重要になるのですが、生後3ヶ月になると皮脂の分泌量が減り、乾燥しやすくなります。乳児の肌はたった一ヶ月で大きく変わることになります。そのため、今の肌の状態にあった肌ケアが必要になります。この乾燥が原因の乳児湿疹で人気となっているアイテムがベビーローションです。ベビーローションはべたつきが少なく、何度でも使うことができます。乾燥が気になる外出時や帰宅後、就寝前や起床後など、乾燥が気になったときにいつでも気軽に使えます。乾燥が原因となっている乳児湿疹ではベビーローションを活用してみましょう。

症状も色々

乳児湿疹といっても原因は色々あります。おむつかぶれが原因の乳児湿疹もあれば、あせもやアトピー性皮膚炎、乳児脂漏性湿疹などがあります。乳児湿疹でお悩みの人は、まずこの原因を知る必要があります。それぞれの症状によって対策方法も違ってきます。よく原因がわからない人は、まず病院に行って診察を受けることをおすすめします。原因さえ確認できれば、自宅でも適切なケアをすることができます。お風呂では、大人用のボディーソープでは刺激が強すぎることもあるので、ベビー用品を使うことが大切です。また、アレルギーが気になる人はアレルギー検査を受けましょう。生後半年から1年も経てばアレルギー検査が受けられ、ベビー食品を購入する際にも大きな助けとなります。

紫外線対策はどうするの

乳児と婦人

日光に浴びることは、大人になってからシミや皮膚がんの原因となりますが、カルシウムの吸収を助ける栄養を作るためには必要になります。紫外線対策は赤ちゃん用の日焼け止めを使いましょう。赤ちゃんの肌に合っているかはパッチテストをして確認することが大切です。

More Detail

母乳やミルク以外の飲み物

グラス

赤ちゃんへの水分補給は、離乳食の始まる生後半年までは母乳かミルクが中心です。半年以降は、必要に応じて少しずつ白湯などを飲ませて良いです。白湯作りが面倒な場合は、市販されている赤ちゃん専用の水をストックしておくと便利です。

More Detail