母乳やミルク以外の飲み物|乳児湿疹の原因を知ってケアする|大事な赤ちゃんの肌を守ろう

乳児湿疹の原因を知ってケアする|大事な赤ちゃんの肌を守ろう

母乳やミルク以外の飲み物

グラス

こまめな補給が大事

赤ちゃんはお母さんのお腹にいる時は、お母さんからの栄養で大きくなります。しかし、生まれてからは母乳やミルクを中心に栄養補給をしていくようになります。基本的に、離乳食を始める生後半年前後までは母乳やミルク以外のものを与える必要はありません。少し前までは、果物の絞り汁や糖水といったものを飲ませるということもありましたが、その考え方は徐々に薄まりつつあります。ただし、赤ちゃんのおしっこの量が少なすぎたり、夏場で汗をかきやすい時期の場合は、水による水分補給が必要になってきます。生まれて間もない時期であれば、病院側が白湯を飲ませてくれることもあります。母乳が十分に出づらい時期ですので、必要に応じて与えることもあります。

市販品もうまく活用する

生後半年以降になれば、離乳食が少しずつ始まってきます。そのため、これまで母乳やミルクなどが中心だった赤ちゃんは、体内へ吸収される水分の量が徐々に減少してきます。そのため、離乳食が始まってしばらくすると、便秘になりやすくなる赤ちゃんも増えてきます。離乳食が始まったら、白湯をスプーンなどでこまめに飲ませるなどして、水分補給をしていくことも大事です。水分補給はジュースなどではなく、あくまで白湯もしくは薄い麦茶などが最適です。もし白湯を作って冷ますという手間を省きたいなら、市販品の赤ちゃん用の水をストックしておくと良いです。一般的なミネラルウォーターと違い、赤ちゃんが飲んでも問題無いので安心して使えます。また、ミルクや離乳食作りにも使えるので、とても便利です。