紫外線対策はどうするの|乳児湿疹の原因を知ってケアする|大事な赤ちゃんの肌を守ろう

乳児湿疹の原因を知ってケアする|大事な赤ちゃんの肌を守ろう

紫外線対策はどうするの

乳児と婦人

必要なのか

初めての赤ちゃんでは、日焼け対策をどうしたらいいのかと悩んでいるママさんも多いのではないでしょうか。紫外線を浴び過ぎると、大人になってから、シミや皮膚がん、白内障の発症の危険性があり、どのような対策をしたらいいかと悩んでしまいます。日光に浴びることは、骨の成長に必要なカルシウムを取り込むためのビタミンDを作る働きもあり、外に出ないことは成長の妨げにもなってしまいます。大人なら日焼け止めを塗ればいいのですが、赤ちゃんに日焼け止めを塗ってもいいのという疑問も出てきます。大人と比べて赤ちゃんの肌は、二分の一、三分の一程度しかなく大人用の日焼け止めではかぶれの原因となります。新生児から使える日焼け止めも販売されているので、赤ちゃん用の日焼け止めでしっかりと紫外線対策をしていきましょう。

パッチテストをする

赤ちゃんに使う日焼け止めでは、ノンケミカルタイプを選ぶ必要があります。日焼け止めには紫外線散乱剤、紫外線吸収剤の2種類のタイプに別けることができます。刺激が少ないのが紫外線散乱剤で、赤ちゃんにはこちらのタイプを選ぶ必要があります。海やプールなどのように、長時間外にいる場合には2時間ごとに日焼け止めを塗ってあげることも大切です。何度も塗るのは抵抗がある人は帽子や洋服などで紫外線対策をしましょう。また、初めて使う時には必ずパッチテストをしましょう。正直なところ、実際に塗ってみないと肌に合っているかはわかりません。パッチテストをせず塗ってしまい、あちこちがかぶれるのは避けたいです。赤ちゃんにつらい思いをさせないためにも、必ずパッチテストをして肌に合っているかの確認をしましょう。